突然のトラブル!こんな時どうする?

ベッド自動車に乗っていてトラブルとなることがあります。
何らかの不調でエンジンが掛からないという不具合に遭遇した人も多いでしょう。
万が一、何らかの不具合で車が動かなくなった場合出で、原因がすぐに分からない時はJAFや損害保険会社のサポートに連絡することがもっとも良い方法でしょう。
近年の新型車両は、複雑なシステムが搭載されており、ハイブリッドカーなどでは、素人が安易に触ることが出来なくなっており、下手に触れば危険を伴うこともあります。


また、最近の軽自動車では、低床、天井高で広いキャビンが特徴としてあり、そのため、応急用タイヤが搭載されていない車両も多くなり、急なパンクによる走行不能となった場合に、タイヤ交換が出来ず、パンク修理剤による応急処置となるのですが、パンク修理剤を使用して応急処置を行うと、その後のタイヤ交換が困難となり、交換費用が高くなることがあります。
しかも交通量の多い道路の脇での作業となると非常に危険が伴います。
停止位置が交通量の多い道路状であれば、安全が確保されている場所で待機し、サポートに連絡しましょう。
修理が必要な場合は、修理工場まで搬送してもらえますし、バッテリーあがりの場合その場で対処が行なわれます。