走行中に異音が気になったら

車の中で異音を聞き取った場合は、速やかに停車して安全を確保する事が最優先です。
走行中に発生する車のトラブルは、目に見える物ばかりではないので、音に違和感を感じた場合は停車して調べる必要があります。
一般道路は停車するタイミングが有りますから、何時でも止められる時間的な余裕が確保出来ますし、周辺の通行状況に合わせながら停車が可能です。


高速道路は停車できる場所が限られ、場合によっては次の駐車場まで時間が掛かる場合もありますが、緊急性が感じられる状況では安全が一番ですから、音の大きさや発生源の大まかな特定から判断します。
走行する環境に応じた停車が優先事項なので、走る場所では常に泊まる停車する方法を把握します。
事故を未然に防止する運転手と同乗者の安全確保が大切ですし、重大な事故に繋がる恐れもありますから、突然発生する音については危機感を持つ事が正しい判断になります。
車体の変形による摩擦音であれば安心出来ますし、車の性能に関わる音の以上ならば修理の機会になるので、徹底的に原因を突き止める調査が音の問題を解決します。
長期間の走行や過酷な条件下の使用で、車は変形や傷みが発生して音の原因に繋がる事があります。

コメントは受け付けていません。