車体の異変に気づいときに一番にすること

普段から整備や点検を欠かさず行っていても、機械は突然調子が悪くなることは大いに考えられます。愛車の異変に気付いたなら、いち早く原因を突き止めるための行動に移さなくてはなりません。安全を確保できるときにばかり車体の異変に気付くとは限りませんので、想定されるシーンごとの対処法を考えておきましょう。


自宅や月極で契約している駐車スペースから車で出かける際に異常がみとめられれば、無理に走りだしてはいけません。車は異常が認められると、走行不能な状態に陥ってしまうことも考えられるからです。まずは落ち着いて、自身だけで原因の特定および解決ができないかを模索します。専門家の助けが必要なら、加入している自動車保険のサービスやディーラーの出張修理を受けましょう。高速道路を走行している最中に愛車の具合に違和感を覚えたら、近くのサービスエリアやパーキングエリアに立ち寄ります。万全の状態ではない車で高速走行を続けていると、重大な事故に繋がる故障を引き起こしてしまう恐れがあるからです。自身だけでの解決が難しいようであれば、車に精通した人が周囲にいないかを確認し、該当する人がいれば異変の原因特定を依頼してみることが有効です。

コメントは受け付けていません。