タイヤがパンクしたら

車に乗る前にパンクをしている事に気が付いた場合はまだ良いのですが、困るのが走行中にパンクする事です。突然の異変はやはり不安になるものですが、もし走行中の場合はパニックにならずに冷静になる事が大切と言えます。走行中にパンクをしてしまった時にはスピードを落として安全に止まれる場所を探します。その際に急に止まってしまうと、場所によっては危険が伴いますので注意が必要です。


安全に停車させる事ができ、尚且つ危険性が無いと判断できた場合はタイヤの交換作業をすると良いでしょう。もし路肩に停車し、車の通りが多いなどで作業が危ないと感じた時にはレスキューを呼んだ方が良いと言えます。路肩で作業をしている場合、危険が伴ってしまう事もありますし、実際に追突事故などに見舞われてしまったケースもあります。無理に作業をするのは危険ですので注意が必要です。特に高速道路での路肩作業は余計に危険ですので、必ずレスキューに相談するようにしましょう。
因みにパンクをしてしまった時に無理に走行するのが危険です。当然の事ながらハンドリング操作をまともに行う事ができなくなりますし、車体にも大きなダメージを与えてしまいますので、大人しく停車した方が余計なトラブルも引き起こさずに済みます。

コメントは受け付けていません。